2010年03月25日

小林議員辞職勧告案提出へ 自民が検討(産経新聞)

 自民党は23日、北海道教職員組合(北教組)をめぐる政治資金規正法違反事件で、選挙陣営の幹部らが起訴された民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)の議員辞職勧告決議案の提出の検討に入った。同時に、鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題に対する追及を再度、強める姿勢をみせている。

 大島理森幹事長は23日の党役員会で、小林氏の議員辞職勧告決議案の提出を検討するよう川崎二郎国対委員長に指示した。谷垣禎一総裁も川崎氏を通じ、参院予算委員会の審議で小林氏の問題を追及するよう指示した。

診療履歴をデータベース化=IT新戦略骨子を決定−政府(時事通信)
薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 東北初の成立(河北新報)
核密約 河野議員「後任にどう引き継いだのか」(産経新聞)
<非配偶者間人工授精>「人生が虚構のように」当事者が証言(毎日新聞)
久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦(時事通信)
posted by オクヤマ トモアキ at 14:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。