2010年02月15日

「梅の使節」が亀戸に春をお届け(産経新聞)

 ウメの名所として知られる福岡県の太宰府天満宮の「梅の使節」が、分社の亀戸天神社(江東区亀戸)を訪れ、紅白のウメの鉢を贈った。

 菅原道真(845〜903年)が都から太宰府に左遷された際、「東風(こち)吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ」と詠んだところ、道真を慕ってウメが一晩で飛んできたという「飛梅(とびうめ)伝説」にちなんだ恒例行事。

 太宰府天満宮で育てられたウメが、使節の巫女(みこ)から亀戸神社の神職に手渡され、神前に供えられた。

「ここでは申し上げない」鳩山−小沢会談について首相(産経新聞)
年金保険料流用で紛糾=自民、「公約違反」と追及−予算委(時事通信)
<原口総務相>各省の会見内容 行政評価の対象に(毎日新聞)
<イタコ>JR八戸駅で口寄せ 駅で死者との対話を仲介(毎日新聞)
「社会的制裁受けるべき」前原国交相が小糸工業批判(産経新聞)
posted by オクヤマ トモアキ at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。